HOMEお役立ちコラム > どの指に、恋人とペアリングをはめたいですか?

どの指に、恋人とペアリングをはめたいですか?

ペアリング最近では、恋人同士でお揃いのものを身に着けることがとても人気です。
「恋人同士」だからこそできる特別なことのひとつですよね。
その中でも特に人気なお揃いのものといえば、「アクセサリー」です。

「ネックレス」「ピアス」「リング」などいろいろある中、定番はやはり「ペアリング」でしょう。
しかし、結婚指輪とはまた違う恋人関係でのペアリングは、どの指にはめればいいのか悩みどころ。

そこで今回は、「右手」「左手」の各指輪をつける場所の意味を紹介します。

左手にペアリングをはめたいあなたへ

未婚の恋人同士のペアリングといえど、やはり『左手の薬指』にはめたいと思う女性は多いハズ。

左手は外的ストレスから身を守って『信頼』『服従』という意味をもっているので、そういった意味から、恋人や大切な人への一途な想いを表現するなら『左手』がいいといわれています。

左手のどこにペアリングをはめる?

ペアリングをつけた手・親指
『試練に立ち向かう』『夢や目標を貫く』
恋人と一緒に夢を追いかけている最中なら、ふたりで左手の親指にペアリングがおすすめ。
心が折れそうになったときでも、ふたりなら怖くありません。

・人差し指
『積極的になれる』『導いてくれる』
なんだか積極的になれなくて、勇気がほしいときには大切な恋人とのペアリングと、行きたい方向へ導いてくれる意味のある人差し指があなたを勇気づけてくれるハズ。

・中指
『インスピレーション』『協調性を高める』
良いインスピレーションを与えてくれる指としてもとても有名な中指は、人間関係をよくしてくるという意味も持っています。
遠距離や、なかなかお互いの気持ちに敏感になれないときにおすすめです。

・薬指
『愛を深める』『絆を深める』
愛の約束に相応しいといわれている薬指は、恋人との絆をより強くしたいという思いにとても効果的です。
普段は薬指にはめれない人でも、寝ているときにペアリングを左薬指につけるだけで愛を高めてくれます。

・小指
『チャンス』『変化』
チャンスを引き寄せてくれるといわれている小指は、ふたりの関係に良い変化やチャンスを求めたいときにおすすめです。

右手にペアリングをはめたいあなたへ

女性の中で『左手は本番用に残しておきたい』という思いをもっている人もいるハズ。
なので、恋人の期間は右手にペアリングがしたいという人も少なくありません。

右手は現実的な力を引き出してくれるといわれていて、宝石や石の力などがストレートに発揮されやすいです。

右手のどこにペアリングをはめる?

二つのペアリング・親指
『指導力を司る』『威厳を高める』
左親指と同様に力強さのある右親指は、指導者や周囲を引っ張る存在という意味をもっています。
仕事などで周りを引っ張れるようになりたいと願う、そんなふたりにはおすすめです。

・人差し指
『前向き』『集中力』
集中力を高く思慮深くしてくれる人差し指は、ふたりの頑張りどきを応援してくれます。
後ろ向きになりたいときも、ペアリングがきっと前を向かせてくれるハズ。

・中指
『意思の強固』『邪気を払う』
意思を強めてくれる意味のある中指は、優柔不断なふたりにおすすめの位置です。
邪気を払ってくれるという効果もあるため、お守りとしてペアリングをつけるのも素敵。

・薬指
『心の安定』『創造性の刺激』
いつでも傍にいるような、そんな心の安定がほしいふたりにピッタリの位置です。
恋を叶える指ともいわれているので、いつまでも恋心を大事にしたいふたりにはおすすめ。

・小指
『お守り』『自分らしさ』
魅力という意味をもつことで知られている小指は、ふたりの魅力をいつまでも引き出してくれます。
お守りという意味もあるので、ふたりでつけると願い事が叶うかもしれません。


どの指に特別なペアリングをつける?

はめる指によって、それぞれ意味が変わってくるペアリング。

ふたりで同じ場所につけることが『ペアリング』の定番ですが、同じリングを購入して、お互い相手のことを思って、どの指にはめるかは自分で決めるというカタチも素敵かもしれません。

GISELLE EMOTION では、さまざまなデザインのペアリングを取り扱っているので是非、ふたりではめる場所を考えながら、特別なペアリングを選んでみてください。

ペアリングをはめる場所の意味と力を知れば、ペアリングがもっと大切な宝物になります。


ペアリングセット
ペアリング一覧ページへ

GESELLE EMOTION

Copyrights(C) GISELLE EMOTION All Rights Reserved.